iOSアプリ証明書の作成、Provisioning Profileの更新

こんにちは(@kenkenmota)です。

iOSアプリの配布証明書の有効期限が迫ってきたので更新しました。

一年に一回の更新なので、Apple Developer Programの更新同様

更新手順を忘れないように更新手順をまとめました。

 

証明書のリクエストファイルを作成する

 

・キーチェーンアクセスを起動する


メニュー → キーチェーンアクセス → 証明書アシスタント → 認証局に証明書を要求...

 

・証明書アシスタントで必要情報を入力する

ユーザーのメールアドレス: Apple Developerに登録したApple IDと同じ
通称: なんでもよい
CAのメールアドレス: 空白
要求の処理: ディスクに保存 ○
鍵ペア情報を指定 ✔︎

続けるボタンを押す

 

・証明書アシスタント

変更することなく、「続ける」ボタンを押す

 

・設定結果


証明書要求がディスク上に作成されました
「完了」ボタンを押す

 

これで証明書のリクエストファイルの作成完了です。

 

開発用の証明書を作成する

 

・Apple Developerサイトへサインイン

 

・Certificates,Identifiers&Profilesをクリック

 

・Certificatesの+ボタンを押す

 

・Create a New Certificate

「ios App Development」を選択
「Cotinne」を押す

 

・「choose File」から証明書のリクエストファイルを選択する

 

・開発用証明書の作成完了


「Download」ボタンを押して保存します。

 

配布用の証明書を作成する

 

開発用証明書を作成する時と同様、Apple Developerサイトへサインイン

 

・Certificates,Identifiers&Profilesをクリック

 

・Certificatesの+ボタンを押す

 

・「iOS Distribution(App Store and Ad Hoc)」を選択する

「Continue」ボタンを押す

 

・「choose File」から証明書のリクエストファイルを選択する

 

・配布用証明書の作成完了


「Download」ボタンを押して保存します

 

 

・ダウンロードした開発用と配布用の証明書をクリックしてMacのキーチェーンに登録します。

 

Provisioning Profileの更新

 

・Apple Developerサイトへサインイン
Certificates,Identifiers&Profilesをクリック

 

・Profiles

更新するProfilesを選択する

 

・Review Provisioning Profile

「Edit」ボタンを押す

 

・Certificatesを変更


更新した証明書に「チェック」
「Save」ボタンを押す

 

・Generate a Provisioning Profile


Downloadして保存します

 

Xcodeの「Prefrence」で

「Accounts」から「Download Manual Plofiles」をクリックしてダウンロードして完了です。

 

 

今回は以上です。それではまた。


TECH ACADEMY

自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール


 







-アプリ開発
-, , ,

© 2021 Ken Base Station