CX-30 12ヶ月点検。改善対策とサービスキャンペーン、MAZDAアップデートサービス

早いものでCX-30を購入してから一年が経ちました。

先日、12ヶ月点検に行ってきましたので、その内容を紹介します。

 

12ヶ月点検 点検内容
エンジンルーム点検 バッテリー診断
ファンベルトの緩み、損傷
室内点検 ブレーキの効き具合
パーキングブレーキの引き代
足回り点検 ブレーキパッド残り代、タイヤ空気圧、タイヤ溝、ホイールナット締め付け確認
下廻り点検 エンジンオイルの漏れ、エキゾーストパイプ・マフラーの取り付け、損傷、腐食
日常点検 灯火装置・方向指示器、ウィンドウォッシャー・ワイパー
エンジンオイル エンジンオイル交換・オイルフィルター交換

点検は特に問題なく終わりました。

 

私は一応、新車購入時にパックdeメンテをオプションで付けました。

6ヶ月目 新車6ヶ月点検
12ヶ月目 法定12ヶ月点検
18ヶ月目 マツダセーフティチェック
24ヶ月目 法定12ヶ月点検
30ヶ月目 マツダセーフティチェック
36ヶ月目(初回車検月) マツダジャストフィット車検

次回は18ヶ月目、マツダセーフティチェックです。

 

ついでに改善対策とサービスキャンペーンもしてもらいました。

 

改善対策とサービスキャンペーン

◉改善対策

・パワーリヤゲート・ドライブユニットの保磁力設定

坂道に駐車する等してリヤゲートを全開した場合、全開状態を保持できずにリヤゲートが下がる。

坂道で駐車してリヤゲートを開ける事がないので、こうゆう不具合は改善対策がなかったらずっと知らないままでしたね。

 

◉サービスキャンペーン

・ランプ消し忘れ防止チャイムの設定、車両制御コンピュータ通信制御プログラム。

・オートエアコン使用者の口調制御コンピュータ制御プログラム。

省電力モードに移行しないことがあり、バッテリーが上がるおそれがあるらしいです。

 

 

MAZDAアップデートサービス

◉アップデート内容

・クルージング&トラフィック・サポート(CTS)において、作動上限速度が高速域まで拡大されます。

・マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)において、追従走行における加減速制御を、人間特性に合わせてより滑らかにします。

 

今回のアップデートはとても良かったです。

追従走行における加減速がとても滑らかになりました。

アップデート前は正直、加減速が機械的で少し怖かったのであまり使わなかったのですが、

これからは使う機会が増えると思います。

 

今回は以上です、それではまた。







-CAR
-,

© 2021 Ken Base Station